『共幻社ライトノベルコンテスト』銀賞受賞!(2017.11.12)
⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
葉縞みかさ×葉縞みかさ『黄昏のクレイドリア
⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

kureidoria

銀賞



ストーリー:

 
古代の遺産であるアーティファクトを 駆使して戦う剣士カノンは、旅の一行を賊から助けて町へと戻る帰り道、自身を苦しめる呪いを解除する術を求めて彷徨う魔術師イーリアスと出会う。二人は交戦するも、カノンはイーリアスにあっけなく敗れる。イーリアスが提案してきたのは「このまま俺に殺されるか、俺と契約して生き存えるか」。その選択がカノンの命運を決める


葉縞みかささんへのQ&A:

Q:自己紹介、プロフィールをお願いします
A:こんにちは。葉縞みかさ(はしまみかさ)と申します。
文章を書いたり絵を描いたり、 漫画を描いたり等の創作が好きです。
今月開催されるコミティア122にも、
サークル「つれづれ本舗(う32a)」で参加予定です。

Q:受賞についてコメントをお願いします
A:自分の作品を電子書籍化することに挑戦してみたかったので、賞を頂けてとても嬉しいです。
評価を得たことで創作活動の励みになりました。評価をくださった方々に感謝です!

Q:『黄昏のクレイドリア』について
A:ゲームのようなファンタジー作品をイメージしています。
RPGのテキスト、漫画の画面、ライトノベルの挿絵
などなど、わかりやすい表現を引っ張りつつ、
自分なりに試行錯誤を繰り返しています。
キャラクターの表情は一番注力しています


Q:トークメーカーについて
A:非常に間口の広い創作サイトだと思います。
絵を自前で用意できるけど、漫画を描く時間はない……という人も、
自分の絵を描きつつ短編でも長編でもお話を描くことができます
イラストのみ、文章のみの人も
お互いでタッグを組んで作品を作ってみる……など、
ユーザーさんの行動次第で、色んなことができると感じています。
プロの方々を含めた座談会も定期的に開かれているので、
日々刺激を得ることが出来ています。

Q:最後に作品に興味を持ってくれた皆様へ
A謎を抱えた剣士と魔術師は、どのような秘密を持っているのか。 運命共同体という制約の中で、2人は何を選択していくのか。 オーバースペックともいえる力に翻弄され、葛藤する主人公たちと、 キャラクターのかけあいなど、イラストを含めて 楽しんでいただければ幸いです

編集部より
「漫画を描くには時間がかかるけれど、トークノベルなら。そんなトークノベルという新しい形に一つの可能性を示してくれました」